浮気されているが別れたくない場合の探偵依頼

 

別れたくなくても浮気調査を探偵に依頼することに問題はありません。というのも、探偵は調査のプロなので、浮気調査を任せても配偶者や浮気相手にバレることなく真実をつかんでくれるからです。そのため、本当に浮気しているのかどうか最初にそのことをはっきりさせ、後は本人が自由に行動を決めればいいのです。

 

別れたくないからといって探偵に相談もせずにずっと悩み続けるのはそれはそれで辛いことです。特にいくら疑わしいといっても本当に浮気をしているかどうかは決定的な証拠をつかむまではわかりません。案外、探偵に頼むことですぐに潔白であることがわかるかもしれないのです。

 

証拠を元に別れさせる交渉や慰謝料請求

 

浮気の証拠を探偵がつかんできたのであれば、それを元に別れさせる交渉や慰謝料請求を行うことができます。浮気の証拠がないままだと相手はそれを否定することができるので、交渉や慰謝料請求が進みませんし、裁判を起こしても認められません。せっかく探偵がつかんできた証拠ですし、利用できるものには何でも利用していきたいところです。

 

探偵によっては別れさせる交渉や慰謝料請求を手伝ってくれることもあります。ただ中には探偵を偽った違法な業者もあり、そういったところでは犯罪行為をして強引に別れさせることをしているので、絶対に依頼しないようにしてください。場合によっては依頼者自身も法律違反となり、警察沙汰になる可能性があります。探偵は調査対象を探る職業ですが、犯罪行為はしないので、そのあたりは勘ちがいしないようにしましょう。

 

慰謝料請求しない代わりに別れる約束をさせる

 

なぜ浮気の証拠をつかむと別れさせる交渉ができるかというと、慰謝料請求というカードが浮気された人に生まれるからです。慰謝料請求は金銭面でも手間の面でも浮気相手にとってされたくないものです。そのため、「別れれば慰謝料請求をしない」と伝えればすんなりと別れるケースが多くあります。

 

もちろん交渉を受け付けなかったり、一度は「別れる」ことを約束しても結局浮気関係が続いているということもあります。その場合は腹をくくって慰謝料請求せざるを得ないかもしれません。浮気関係が続いているということはその分慰謝料を請求し続けられるということでもあるので、多額の慰謝料が得られる可能性もあります(ただし、離婚しない場合は一度に請求できる慰謝料の額が少なくなります)。

 

別れたくないけど、状況によっては別れる場合でも証拠はあるべき

 

パートナーと別れたくない、もしくは状況によっては別れたいという場合でも浮気の証拠はあった方がいいです。たとえば配偶者の方が浮気相手と結婚するために「別れたい」と言ってくることもあります。しかし、浮気の証拠がある状況でそういった申し出をしても夫婦関係が破綻した原因をつくったのは配偶者の方なので、浮気された人が了承しない限り、離婚が認められることはありません。

 

そのようにどのような状況になっても自分が有利な立場でいられるように浮気の決定的な証拠はできるだけ早く確保しておきましょう。それには早い段階で探偵事務所に調査を依頼することが重要です。

 

不倫問題に慣れている浮気調査に慣れている探偵に相談しよう

 

どこの探偵事務所に相談すればいいかというと、やはり浮気・不倫問題の調査に慣れているところを頼るのがいいでしょう。探偵事務所といっても得意分野はさまざまで、浮気・不倫問題の調査をそれまでにどれだけこなしてきたかはその事務所によって異なります。その探偵事務所の公式ホームページに行けば浮気・不倫問題の調査が得意かどうかわかるので、気になった事務所があればまず情報を見てみるといいでしょう。

 

ある程度情報を集めたら今度は探偵事務所に直接問い合わせてみましょう。その対応に満足いけば実際に事務所に行き、より細かい相談や見積りをして調査計画を立てていってください。

 

浮気・不倫問題の調査に慣れている探偵事務所なら決定的な証拠をしっかりと見つけてくれますし、見つける期間も短くて済むものです。そうすればより確実にパートナーと浮気相手を別れさせることができる上に、調査料金も安く済みます。