ある程度の情報が分かっているなら安く済むが・・・

 

不倫相手の身元調査や住所を調べる場合の探偵料金についてですが、相場としては20〜30万円程度となります。これは調べて欲しい項目を指定せずに不倫相手の基本的な情報をすべて調査してもらう時にかかる料金です。調べて欲しい項目を指定する場合はその項目の調査料金がひとつひとつ計算されていきます。たとえば名前ならいくら、住所ならいくら、勤務先ならいくらといった具合です。

 

すでに不倫相手についてある程度の情報がわかっているのであれば、わざわざ同じことを調べなくてもいいので、探偵料金はぐっと減ることになります。そのため、簡単にわかりそうなことであれば自分で調べてしまうのもいいでしょう。ただし、無理は禁物です。配偶者や不倫相手に警戒されては元も子もありません。

 

不倫の証拠と不倫相手の身元調査だとそれなりの料金はかかる

 

不倫相手の身元調査だけならそう調査に時間がかかるようなものではないので、まだ安く済みますが、不倫の証拠もセットで押さえてもらうなら探偵料金はそれなりにかかってきます。というのも、不倫の証拠をつかむにはラブホテルに一緒に入ったところを写真に収めるなど、身元調査と比べて非常に難度が高い調査をしなければならないからです。

 

ただ運がよかったり、身元調査と同様に依頼者が有力な情報を探偵に提供していれば安く済むこともあります。

 

当然調査に割く人件費や機材費、移動費などは大きくなりますし、調査に時間がかかればかかるほどそれらの費用はさらに増すことになります。不倫の証拠の調査の料金相場はピンキリで、20〜100万円程度と幅があります。

 

探偵料金が高額になる時、人件費が多くかかっていることが多いです。特に身元調査なら調査員一人でも可能ですが、不倫の証拠集めには複数人の調査員を動員しなければならないので、人件費が2倍にも3倍にもなります。

 

証拠があっても住所が分からないと慰謝料請求できない

 

不倫の証拠を揃えても相手の住所が分からなければ慰謝料請求は難しくなります。なぜかというと、慰謝料請求をするには相手に連絡したり、必要書類を送付したりする必要がありますが、住所が分からなければそれらのことができないからです。そのため、証拠集めを優先させて住所を突き止めるのは後でいいだろうと考えるよりは、調べられる時に住所も含めて一緒に調べておくのが一番です。

 

ちなみに住所ではなくても勤務先がわかれば一応慰謝料請求の連絡は可能です。ただし、勤務先にそういった連絡をすることは当然ながら不倫相手の会社での立場を悪くさせる可能性があります。そのことに配慮するのなら勤務先に慰謝料請求の連絡をするのは避けるべきでしょう。

 

不倫相手が既婚者かどうかは把握しておきたい

 

不倫相手の身元がわかれば既婚者かどうかもわかるはずです。そして不倫相手が既婚者かどうかはあらかじめ把握しておきたいポイントです。というのも、不倫相手の配偶者が不倫の事実に気づいていないのであれば、派手に動いてその事実を露呈させてしまうリスクもあるからです。話を複雑にせずにスムーズに自分の望む展開に運ばせたいのであれば不倫相手の周辺の人間関係には影響が及ばないように動くべきでしょう。そのあたりは探偵もわかっていることなので、優秀な事務所に依頼しておけば間違いはありません。不倫されていると感情が昂ぶり、自分で不倫相手の家に乗り込むケースもありますが、そういった行動は控えてください。

 

まとめ

 

以上をまとめると、探偵事務所に依頼する時は不倫相手の身元調査と不倫の証拠集めの両方を任せた方がいいことになります。この際にかかる探偵料金の目安は合計で40〜130万円程度です。あらかじめ不倫相手についていくらかの情報があれば調査の手間が省けるので、その分探偵料金も安くなります。

 

しかし安くさせることばかり考えて自分で危険な行動に出たり、探偵の調査を制限させたりするのはよくありません。探偵の調査料金は決して安くないですが、無駄にお金がかかっているわけではないので、その後の離婚や慰謝料請求のためにもある程度までのお金は惜しまずに使いましょう。