ダブル不倫は罪悪感が薄れているため性質が悪い

 

ダブル不倫は不倫している二人がそれぞれ既婚者である状態を指しますが、片方が独身者である不倫よりも罪悪感が薄れる特徴があります。それはなぜかというと、不倫相手が独身者だった場合、別れた後に相手を一人にさせてしまうからです。自分は家に帰れば家庭があるので、別れた後も安心感がありますが、不倫相手はそうではないので、心苦しくなります。しかし、ダブル不倫はお互いに家庭がある状態であり、その分だけ気持ちも楽になるわけです。

 

また不倫相手に対する罪悪感だけでなく、配偶者に対する罪悪感も薄れるのがダブル不倫の特徴です。なぜかというと、相手も自分と同様に不倫していることから、「みんなやっていることだから」と一人で納得してしまうからです。

 

離婚希望でもやりなおし希望でも証拠はあった方が良い

 

ダブル不倫されている人がその事実に気づいた時、配偶者と離婚をするのか、それともやりなおすのか、2通りの選択肢があります。離婚希望であればもちろんスムーズに離婚したり、慰謝料請求や子供の親権争いを成功させたりするために不倫の証拠を集めておくべきです。

 

またやりなおしが希望だったとしても結局証拠はあった方がいいです。なぜなら不倫をやめさせるためにも証拠は大いに役立ってくれますし(証拠がないといくらでも言い逃れができるので、配偶者や不倫相手との話し合いがいつまで経っても進まない可能性があります)、うまくやりなおすことができず、結局離婚になる可能性もないわけではないからです。たとえば自分はやりなおしを希望していても配偶者は不倫相手に本気になり、自分と別れてほしいと言い出すケースもあります。

 

離婚しない場合、不倫相手への慰謝料請求は諦めておくべき

 

ダブル不倫が起きた後、離婚しないのであれば、当然配偶者から慰謝料はもらえません。配偶者のままであれば財産は共有されるので、慰謝料を取る意味がまったくないわけです。そのため、慰謝料を請求するとすれば配偶者の不倫相手となります。

 

しかし、基本的には不倫相手への慰謝料請求は諦めなければいけません。というのも、離婚していないのであれば客観的に見て不倫が行われたことによる家庭への影響が少なかったと見なされるからです。離婚後の慰謝料請求が多額なのは夫婦生活が破綻して不倫された人の生活面や精神面を大きく損なったからであり、基本的にはその賠償なのです。

 

特にダブル不倫だとお互いの家庭で不倫が起きている状態なので、どちらの家庭からも慰謝料請求が起こることになります。それはあまり意味のあることではないので、お互いに慰謝料請求をせずに終わるというケースも多いです。

 

複雑化する可能性が高いので経験豊富な探偵に相談しよう

 

ダブル不倫における手続きは離婚するにしてもしないにしても、複雑化する可能性が高いです。なぜなら、上記のようにお互いが不倫をしていることから、関係者が多く、それぞれの希望や思惑が入り乱れてしまうからです。そういった状態で素人が自分で解決しようと思うのは危険かもしれません。

 

それなら経験豊富で安く済む探偵事務所に相談するのがいいでしょう。ダブル不倫の依頼を何度もこなしてきたところであればこのような複雑なケースも慣れているでしょうし、依頼して任せておけば必要な証拠は全部揃えてくれるはずです。また経験豊富な探偵事務所は必要最低限の調査ができるので、無駄な経費を抑えることができます。

 

調べて欲しい項目だけでなく、どうしたいかも相談すべき

 

探偵事務所に調査を依頼する時は調べてほしいことももちろんですが、自分がどういった展開を望んでいるかも相談するべきです。つまり、証拠が見つかったら離婚するのか、しないのかという選択です。それによって探偵の調査の仕方も変わってきます。離婚する気なのであれば多少大胆になっても決定的な証拠をつかもうとしますし、離婚する気がないのであればバレないように慎重にこつこつと証拠を集めていこうとするものです。これによって調査期間も変わり、その分だけ調査料金も変わってくるので、そのあたりも含めて相談しておくといいでしょう。