浮気の決定的証拠は肉体関係があることの証明が強い

 

配偶者や恋人が浮気していることを証明するにはその相手と肉体関係があることを突き止めるしかありません。というのも、裁判で配偶者や恋人が不貞行為をしているということを訴えるには性行為の有無が重要になってくるからです。その証拠もなくパートナーを糾弾しても相手が認めなければ話は進みませんし、裁判を起こしても証拠不十分で離婚や慰謝料請求等が認められない可能性が高いです。なにしろもし証拠もなく裁判で話が通ってしまうならいくらでも偽証できることになります。

 

ちなみに浮気を理由に配偶者に離婚や慰謝料請求等をする場合は夫婦関係が破綻していなかったことを示さなければいけません。たとえばずっと別居をしていたなど、夫婦関係が破綻した後での配偶者の浮気は裁判で有利にならない可能性が高いです。

 

ラブホへの出入り写真が撮れると良い

 

肉体関係の証拠はもちろん主観的な情報ではだめで、なんらかの客観的な情報が必要になります。一番いいのはラブホテルへの出入り写真が撮れることです。ラブホテルに二人で入ったからといって必ずしも性行為を行っていることにはなりませんが、性行為の推認にはなるので、決定的な証拠になります。また複数回ラブホテルへ出入りしていることがわかればさらに強力な証拠となります。

 

たとえば二人で旅行に行ったところを写真に撮っただけでは証拠として不十分になります。ラブホテルは施設自体がそういった目的を持っているので、証拠として認められるわけです。またデジタルカメラでの写真は修正がいくらでも可能なため、あまり証拠を残すのに向いていません。ただ写真を連続で撮影したり、動画で撮ったりした場合は認められることもあります(動画をそのまま裁判で使うことはできないので、静止画に直す必要があります)。

 

どの程度の証拠写真が有効かは探偵は熟知している。

 

探偵はこの道のプロなので、当然裁判や調停でどれくらいの証拠写真があれば十分なのかを熟知しています。そのため、基本的には探偵に任せておくだけで必要なことは全部やってくれます。問題はそれらの証拠が集まるまでに依頼者の予算が持つかどうかです。探偵もビジネスで依頼を受けているので、調査料金と経費を依頼者が支払えなくなればどのような状況でも調査は打ち切られます。

 

有効な証拠写真について何か疑問があれば探偵事務所に聞いてみるといいでしょう。教えられる情報は何でも教えてくれるはずです。特に経験豊富な事務所であれば過去にあった依頼の事例も踏まえて教えてくれるので、その事例と自分のケースを照らし合わせることもできます。

 

別れる場合・別れない場合でも証拠がある方が良い

 

探偵に依頼するからといって必ずしもパートナーと別れることになるとは限らないでしょう。もしかすると怪しいと思っていたのは勘違いで、パートナーが潔白というケースもあるかもしれません。また浮気の決定的な証拠が見つかったとしてもそこからどういった行動に出るかは本人の自由です。

 

しかし、別れるにしても別れないにしても証拠はあった方がいいです。別れる場合は離婚や慰謝料請求をする時に使いますし、別れない場合でも今後浮気をやめてもらうための説得に使えます。またその時は別れないつもりでもいずれ別れたくなった時に使うことがあるかもしれません。さらにいえばパートナーの方から別れてほしいと言ってくる可能性もありますし、その時に備えておくことは無駄ではありません。

 

怪しい日を特定して依頼なら調査料金は安く済む

 

肉体関係の証拠の入手をできるだけ安く探偵に依頼するにはあらかじめ怪しい日を特定しておくことが重要です。何も怪しい日がわかっていない状態だとしらみつぶしに探っていくしかありませんが、怪しい日がわかっているのであれば、その日を重点的に探ることで調査の効率を高めることができます。

 

探偵の調査というものは何の成果も得られなかったとしても調査料金と経費は支払わなければならないのです。そのため、無駄な調査をすればするほど無為にお金が減っていくことになります。それを避けるためにも探偵への情報提供を惜しんではいけません。